つけ麺 てつ蔵 東武練馬店
メニュー:辛味噌つけ麺(820 円)


2017-10-29-17-01-40-050.jpg 

昼時に行きました(※上記写真は夕方撮影)、東武練馬駅すぐにある麺屋てつ蔵です。

S__30294112.jpg 

店内は以前はあったテーブル席に代わってカウンターのみ。

S__30294111.jpg S__30294111(1).jpg

中に入るとすぐに食券が目につく。
はい……メニュー多すぎぃぃぃ!!

S__30294114.jpg 

初めて来る人は、まず何を食べたら良いやらなメニュー量だ。
キタはわりと来てるので大体何を食べるかは決まってる。なので迷うことなくぽちり。
辛味噌つけ麺、一択!

カウンターに腰を降ろし、向かいにいる店員さんに食券を渡す時に気付きました。

「フツウ、オオモリ、ドチラデスカー」

ありゃ?外人さん。

大盛りで、と言うと。

「アツイ、ツメタイ?」

あ、熱いで……

「カシコマリマター」
最後だけちゃんと言えてないのが少し可愛かったです。

さて、数分後。
来ました辛味噌つけ麺!

S__30294115.jpg 

「アツイデスカラ~」
最後までちゃんと言えい、と心の中で密かにツッコミを入れて、いただきます。

S__30294118.jpg 

まず、レンゲでスープを掬ってびっくり。
これ……こんなドロドロしてたっけ!?
中に入ってる具は細切りにした厚めのチャーシュー、ネギや炒めた野菜。
けっこうなボリュームだ。
しかし麺の上にもメンマや味玉が乗ってるので見た目はわりと好印象を持つだろう。

S__30294116.jpg 

そして麺は太麺。
ここの麺はモチモチしており、確かかなり弾力のある歯応えだった気がしたのだが…
箸で持ち上げてちょっとガッカリした。
麺同士でくっ付き合い、何とも食べずらいことか…
コンビニで売ってる蕎麦のようである。
そして言うほど麺、つけ汁共に熱くはない。
これを冷やしで頼んだらと思うと悲しくなるのであまり冷やしはおすすめしないぞ。

S__30294117.jpg 

次はつけ汁だが。
先程にも言ったように、かなりのドロドロ具合。
麺をひとたび付けようものなら、そのスープが絡むと言うより纒わり付く、という表現の方が相応しいだろう。

しかし野菜の旨味もスープ自体の出汁も充分で、ドロドロ系の中ではわりと上位にランクインはすると思う。
しかし如何せんそのコッテリ具合に胃腸が元気でないとしんどくなることは必至。
是非、体調が良い時に行こう。

メンマや味玉は本当に普通。
可もなく不可もなく。

どうでもいい事だが、この店にいた外人さんの店員2人。
話しすぎ!
もーずっとはなしてる!外国語で!
何人だかわからないが、時々出てくる「ドーシヨッカナアー」っていう日本語にちょっと不安になるからやめてよねって思いました。



● 採点
麺  ★★★☆☆
スープ ★★★★☆
具  ★★★☆☆
雰囲気 ★☆☆☆☆
総合 ★★★☆☆


● 店舗情報
店名:つけ麺 てつ蔵 東武練馬店
住所:東京都練馬区北町2-37-4 小口ビル 1F 
最寄駅:東武練馬駅
営業時間:月~土 18:00~翌 2:00 / 日 11:00~22:30
定休日:元旦


● 参考 URL
[食べログ]
https://tabelog.com/tokyo/A1322/A132203/13098237/


● ブログランキング
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
スポンサーサイト
手もみラーメンジロー 南口店
メニュー:味噌バターラーメン(700 円)


2017-10-26-22-53-03-650.jpg 

行ってきました、ジローです。
東武練馬には二店舗展開しているが、味やサービスは均一でいつ行っても変わらない、安定した味を堪能できるのが良い。

2017-10-26-22-52-24-782.jpg 

時間は23時間近。
だいぶ遅い時間にも関わらず、店内はサラリーマンでいっぱいだ。

ここの売りは手もみの麺!
定食(生姜焼きがおすすめ)も美味しいが、ジローに来たらやはり食べなきゃ手もみの麺を!

Uの字型のカウンターに腰をかけ、席で味噌バターラーメンを注文。
ここはよほど混んでいなければ、とにかく早いのだ。
お腹が空いてもう一秒たりとも待たぬ!という状態ならジローをおすすめしよう。

2017-10-26-22-34-17-557.jpg 

さて、ラーメンだが。
炒めてスープに絡まった野菜がたくさん乗り、横にバターがひとかけ。
レンゲは普通の物と、穴あきのものが添えられている。
そうなのだ。この店の味噌ラーメンは、野菜と共に挽き肉が炒められている上、コーンが乗っている。
つまりこの穴あきレンゲは食べずらいそれらを上手く口に運ぶための優しさアイテムというわけだ。中々粋なことをしよる。

2017-10-26-22-35-07-404.jpg 

麺は手もみラーメンジローの名前に相応しい、ちりちりとひねられた細く絶妙な手もみ具合。
こいつがいちいちスープに絡んでまぁなんと旨いことか。
私が大袈裟に言ってない事を是非とも食べて確認して頂きたいぐらいだ。

2017-10-26-22-34-35-814.jpg 

スープは白ベースの合わせ味噌。
挽き肉や野菜の旨味が染みだし、濃厚だがアッサリした味わい。
しかしこれは味噌バターラーメン。
そう、バターをあえて入れて貰ったのだ。
これ重要。
野菜、味噌、肉の甘みにバターがプラスされる事で、2…いや、3割増うまい!

いいですか、もう一度言おう。
ジローに来たら食べてよね、手もみの麺を!(是非とも味噌バターラーメンを!)

2017-10-26-22-29-40-211.jpg 

ちなみにサービス面はチェーン店なので微妙な部分もあるが、定食を頼んだ時に残ってしまったおかずは頼めば包んでお持ち帰りにしてもらえるぞ!
もちろんテイクアウトのみの来店も可。
そして運が良ければトッピング無料券が貰える時もあるぞ!



● 採点
麺  ★★★★☆
スープ ★★★★☆
具  ★★☆☆☆
雰囲気 ★★☆☆☆
総合 ★★★☆☆


● 店舗情報
店名:手もみラーメンジロー 南口店
住所:東京都板橋区徳丸2-2-7
最寄駅:東武練馬駅
営業時間:月~土 10:30~翌 1:00 / 日祝 10:30~24:00
定休日:なし


● 参考 URL
[食べログ]
https://tabelog.com/tokyo/A1322/A132203/13022872/

松田家
メニュー:旨辛味噌ラーメン(800 円)


2017-10-15-17-38-59-468.jpg 

行ってきました、久々の北町商店街のラーメン屋さん!
ここは家系ラーメンで既に数回足を運んでいるお店です。


2017-10-15-17-47-50-564.jpg 

店内はカウンターとテーブル席が4つ。
わりと新しいお店なので中は綺麗です。

2017-10-15-17-44-15-009.jpg 2017-10-15-17-44-16-311.jpg

食券購入制なので、席に着く前に選ぶのですが、色々なメニューがある中、いつも食べている旨辛味噌ラーメンをチョイス!
券を渡す際、味の濃さ、油の多さ、麺の固さを聞かれます。
私は「味普通、油多め、麺普通」をオーダーしました。
何度か通ってますが、こちらは何を頼んでもけっこう味が濃いので「味濃いめ」はおすすめしません。

2017-10-15-17-47-41-007.jpg 

ちなみにライスは無料で、大中小から選べるのでテーブル上の漬物をお供にするも良し、スープに浸した海苔を巻いて食べるも良しです。


2017-10-15-17-47-26-882.jpg 

さて、席に着きます。
漬物や様々な調味料と一緒に、水のボトルが置かれています。これ有難い。わざわざ歩いて取りに行く手間がありません。
箸は太めなので手の小さい女性にはやや扱いにくいかもしれませんが、紙エプロンは必要か聞かれる等、配慮を感じます。


2017-10-15-17-53-19-431.jpg 

数分後、ラーメン到着。


2017-10-15-17-54-25-798.jpg 

麺は平打ちの中太麺。
コシがあり、噛みごたえも良いです。


2017-10-15-17-54-17-730.jpg 

スープはこれぞ家系ラーメンという名に相応しいこってり。
これが麺に絡みます。
辛みは普通。
ピリッとしますが、これが後を引きます。

具はチャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔3枚。
家系ラーメンの基本はちゃんと貫いていますが、言い方を変えれば何の工夫もないとも言えます。
辛旨味噌ラーメンなので、安価なもやしでも乗せてくれるぐらいはお願いしたいところ。
チャーシューはジューシーで柔らかく、味はしっかりめ。
スープの足が濃いので、個人的にはもうちょいあっさりした物が合う気もしますが、これはこれで美味しいと思います。


2017-10-15-17-53-52-974.jpg 

ちなみにラーメンもオーダーしましたが、こちらも「正しい家系ラーメン」です。
つまりこちらもオリジナリティはありません。
家系ラーメンが食べたい!という日に食べたら、後悔はしないと思いますよ。

なお、平日のランチ時はトッピングが1つ無料サービスをしてくれるそうなので、初見はぜひ平日のランチタイムでどうぞ!



● 採点
麺  ★★★☆☆
スープ ★★★☆☆
具  ★★★☆☆
雰囲気 ★★★☆☆
総合 ★★★☆☆


● 店舗情報
店名:松田家 東武練馬店
住所:東京都練馬区北町2-20-8
最寄駅:東武練馬駅
営業時間:11:00~26:00
定休日:-


● 参考 URL
[食べログ]
https://tabelog.com/tokyo/A1322/A132203/13204330/
長寿軒
メニュー:ラーメン(500 円)


IMG_20171014_125356_20171015164044a65.jpg

引越ししてきた先で前から気になっていたラーメン屋に行きました。
その名も長寿軒!
なんか長生きできそうなめでたい名前だ。
そしてとても古い。
外観は以前紹介した飛鳥というラーメン屋と良い勝負ができると思う。
しかし中に入ってそれを確信する。
古い、汚い…イスがベトベトしている。
しかし飛鳥然り、こういう店は美味い・安い・早いの三拍子揃ってる場合もあるので、店が古かろうが私は積極的にチャレンジするのだ。


店内に入る。
年配のご夫婦?らしき方々が出迎えてくれる。
先客は子連れの方と男性が2名。
昼時にしては混んでるとは言えないが、2つしかないテーブル席なので一瞬戸惑っていると、食べ終わったらしい男性の方々が席を空けて下さり、無事に着席できた。
メニュー表はないが、壁に貼ってあるお品書きを見る。

2017-10-14-12-35-58-379_20171015164035386.jpg 

真っ先に目に入ったのはやはりラーメン。
左端にある謎の柔らかいシリーズにも興味が惹かれるが、初めて入る店はやはり王道だろう。


2017-10-14-12-36-28-807_20171015164036ea9.jpg 

注文すると、子連れで来ていた私達に、何も言わずとも子供用の食器を提供してくれた。
素敵な心遣いだが残念ながらスプーンもフォークもベトついており、戸惑う。
しかしせっかくなので使わせて頂いた。

ラーメンはかなり早く出てきた。
まず、予想通りの見た目。

2017-10-14-12-38-13-970_20171015164039de0.jpg 

古き良きラーメン屋に相応しい、あっさり系スープに沈む細麺とその上にナルト、ネギ、メンマ、チャーシュー、ワカメ。
とりあえず「中華そば」としてはセオリー通りかもしれないが、500円という価格で見るとわりと高いと思う。


2017-10-14-12-38-43-632_20171015164041a04.jpg 

スープはおそらく鶏ガラベース。
しかしコクも少なく、醤油の味ばかりが先立っていてる。


2017-10-14-12-39-24-849_2017101516404285a.jpg 

麺はツルツルした細麺で、柔らか目に茹でられているような気がした。


メンマは甘めで、不味くはないがしょっぱい派の私にはちと好みからは外れていた。
しかし1番の問題はそのチャーシューだ。
もも肉か肩ロースを使っているのだろうか、わりと脂身少な目なわりには柔らかく、噛みごたえは悪くないのだが。

とにかく臭い…!
獣臭のような化学薬品のような、何とも言えない匂いが鼻をついてとてもじゃないが食べられない……
残念ですが子供には食べさせる事は控えました。

具を差し置いても、正直な話、スーパーに売っている3食入りの生ラーメンを食べてるような気分になる。


2017-10-14-12-37-25-403_20171015164038537.jpg 

ちなみに友人が頼んだ五目ラーメンは塩スープ。
醤油よりはスープの味がしっかりしていたが、こちらのチャーシューも臭かったらしい。


退店の際に子供にお菓子を下さる心配りには素直に有難い気持ちを伝えたが、おそらくもう行く事はないだろう。



● 採点
麺  ★★☆☆☆
スープ ★★☆☆☆
具  ★☆☆☆☆
雰囲気 ★☆☆☆☆
総合 ★★☆☆☆


● 店舗情報
店名:長寿軒
住所:東京都板橋区西台1-12-9
最寄駅:東武練馬駅
営業時間:11:00~18:00
定休日:月曜日


● 参考 URL
[食べログ]
https://tabelog.com/tokyo/A1322/A132203/13153388/

つけ麺 らーめん 春樹 上板橋店
メニュー:超濃厚魚介とんこつ つけ麺ノーマル(740 円)


春樹1 

久々のラーメンレポ。
今回はあの有名な中本…
ではなくて、まさかの春樹 さん。
中本と同じ建物に店を作ったには意図が色々あるのだろうが、勇気あるなーというのが正直な感想だ。
2013年に建てらただけあり、外観内観共にきれい。

春樹2

春樹3  

メニューはつけ麺とラーメンがメインだが、どちらかと言うとつけ麺を推してる感じがしたので、キタは豚骨つけ麺を頼んだ。
ラーメンのスープは豚骨ベースと和風ベースのスープがあるが、つけ麺は豚骨一択だった。
むしろカマン。豚骨カマン。
やっぱりつけ麺はこってりに限る。

春樹4

しかしどうやら、つけ麺は極太麺のため茹で上がりに8分程要するようだ。
まぁいい、待とうじゃないか。
しかし私好みのモチモチ麺であってくれよ…
待つこと若干10分。

春樹5  

キターッ
いらっしゃいました、こってりつけ麺!
ツヤツヤの極太麺が照明で光っております。

メニューの通り具材と麺がセパレートで、海苔の上には魚粉がファサ。
これ、けっこうありがたい。魚粉が効きすぎてるラーメンが多いと感じる昨今、自分で調整できるのは地味にありがたいわけだ。

春樹6  

まず、期待の麺から。
キタは麺の量を大盛りの550gにしてみた。
900gまでは増し無料との事。しかもつけ汁までおかわり無料とか、コスパが大変なことになってる。
食い盛りの学生が押し寄せたらどうすんのとか思わず心配しちゃう。

さておき、麺を食べてみる。
うっ…
やはりモチモチ!!
そしてコシもしっかりある。
スープがドロドロ系で絡みやすいので、これ以上細い麺だとちょっとキツイ。
そういう意味では、これぐらいの太さがベストなのだろう。
ちなみにキタ的にはつけ麺(太)の麺部門第1位は東武練馬のみとやなのだが、あれを超えるまでには至らないまでも、こちらの麺もそれに迫る勢いとバランスの良さがある。
性別女の自分が550gの麺を食べ切れるかの挑戦ではあったのだが、結果的には
「食べ切れるが、これ以上多いとつらい。550gまでで腹9分目」てな感じだ。
難を言うなら、熱盛りで頼んだわけだからもう少しアツアツの麺にして欲しかった。次は冷やで食べよう。

そしてスープ。
麺の時でも触れたが、いわゆるドロドロ系の豚骨ベースだ。
それなりにコクやうまみがあり、こういうこってりが食べたいな?思い描いていたなら、これは間違いがない。
ただ、よくある味で特に褒めたい事もなく、いつかどこかで食べたような感覚になるのは否めない。
あと、しょっぱい…
2、3口食べて水を飲むぐらいのペースでしょっからいではないか。
このドロドロを保ったままにしたいから薄めるという行為は不本意なので、結局このキツイ塩分は我慢したのだがいかんせんどうにかならんものかと思った。

春樹7  

具は、太めのメンマに魚粉と万能ねぎ乗せ海苔、チャーシュー2枚、味玉半分。
全体的にバランスは良いが、逆を言うなれば、こちらもスープ同様よくある感じである。
しかしバラ肉のチャーシューは実にジューシーで、厚めに切ってあるからこその噛みごたえも嬉しい。
某ラーメンチェーンのチャーシューはペラペラで向こう側が透けて見える程だったが、こちらはその心配も無く見た目通りのクオリティだった。
味玉もよく味が染みていてうまい。半分と言わず、一個食べたいと思った。
だが、具材全体の印象はどうしても薄い。
ちょっとしたパンチや個性を出せばぐっと良くなるのではないかと生意気にも思う。

春樹8  

イチは塩ラーメンを注文。
彼は朝ごはん兼なので、なるべくお腹に優しいものを…との配慮か。

スッと出てきた塩ラーメン。
見た目は可も無く不可も無く。海苔、味玉半分、チャーシュー2枚、メンマ、万能ねぎ、フライドガーリック。
まず、スープ。
ん?…サッポロ一番の味がする。
麺はキタ好みの細麺だが、まぁこの塩ラーメンを食べに春樹に行く!とは、恐らくないだろう感じである。

ちなみをサービス面だが、細かい要望にも応えてくれるようなのでこの辺は良心的だ。
しかし会計が客のカウンター越しにしなきゃならないようなので、レジ前の席に座っているお客さんはもれなく頭上で勘定のやり取りが起こる。
これについてはキタ、イチ共に首を傾げた。

でもコスパはかなり良いし、リピありかな?とは思った。



● 採点
麺  ★★★★☆
スープ ★★★☆☆
具  ★★★☆☆
雰囲気 ★★★☆☆
総合 ★★★☆☆


● 店舗情報
店名:つけ麺 らーめん 春樹 上板橋店
最寄駅:上板橋駅
営業時間:11:00~23:00
定休日:年中無休


● 参考 URL
[食べログ]
>>次のページ